卒業→正社員は規定のレール

 転職活動において職歴は重要な判断材料です。通常の学生生活を送っていれば、高校・専門学校・大学を3月に卒業をしてその年の4月から正社員として勤務をして、新卒社員としての訓練を受けてきていることは、書類選考等でも重要な判断材料になるでしょう。

 

卒業→空白の時間がある場合

 規定のレールからはずれてしまった理由がある場合にはどうでしょうか。例えば最後まで内定をもらえずにアルバイトをしていた。あるいは、何年か旅に出ていた、資格試験のための浪人をしていた等です。この場合、就職活動にあたっては、中途採用枠…つまり転職活動と同様の活動をしなければなりません。規定のレールにのっていない履歴書に向けられる視線はまず、「新卒社員が受けるようなビジネスマナーや基本的な就業に対する心構えがなっているのか?」というような目線でどうしてもみられてしまいます。ではそれをどう挽回すればよいでしょうか?2つのパターンで考えてみましょう。

 

アルバイト等で接客や営業の経験がある場合

 非正規社員として働いていたのであればまずそれは必ず履歴書・職務経歴書には書きましょう。

 

旅に出ていたなど、資格試験などの浪人をしたなどの空白

 その時間で得たものをしっかり書いた上で、ビジネスマナーに関する資格を取るなどして最低限のラインにあることを示しましょう。


このページの先頭へ戻る