質問とその内容

 面接時に必ずやってくるのが質問タイムです。相手の企業を知る大きなチャンスですし、こちらをアピールすることもできます。しかし、多くの方が抱えている疑問、例えば残業や休日、給与などは少し聞きづらいでしょう。そのため、上手にこちらから質問しなくてはならないのです。

相手は進んで答えない

 企業側に自信がない限り、その手の答えを自分から伝えることはありません。そのため、質問時に直接聞かなくてはならないのです。その時にストレートに聞いてしまうと心証を悪くしかねませんし、かといって何も聞かないのは不安になります。

 

質問は遠まわしにする

 そこで、遠まわしに質問をする技術を身に付けましょう。ストレートでは聞きづらくても、遠まわしになら相手も察してくれます。「自分はこれくらいなら残業できるが、問題ないだろうか」といった形で質問をして、相手から答えを引き出しましょう。

 

答えづらい質問は上手に引き出す

 このように、答えづらい質問は上手に引き出す必要があります。向こうから答えてくれる可能性には期待せず、遠まわしに上手に誘導する話術を身に付けましょう。特に面接本番では緊張してしまい、事前に考えていたことが抜けがちです。その時についストレートに聞いてしまわないよう、注意しましょう。


このページの先頭へ戻る