転職を考えている人も多いですが、そのタイミングがわからないという人も多いです。タイミングを一歩間違えてしまえば、元々働いているところの信頼を失うばかりか、他の会社に転職をする時にも影響が出てしまうこともあるのでとても重要なものとなっています。ですので、基本的には慎重に考えるのですが、理想としては一つの会社に定年になるまで働くことです。

 

ですが、事情がある場合には仕方ないと言えることができます。そこで一般的に良いとされているタイミングについて紹介していきます。まず、年度末です。これは一番の良いタイミングとされています。年度末の場合には仕事が一段落終えることが可能ですし、給料などの面も大丈夫だからです。

 

しかし、仕事が中途半端に終わってしまった場合には、転職をするタイミングとしてはとても悪いですので、その場合にはやめておきましょう。次に働いている会社が忙しくない時期です。会社には必ず忙しい時期と忙しくない時期があります。例えば、忙しい時期にやめてしまうのはその会社からしてはとても迷惑です。なので、基本的にはやめることはできません。

 

ですが、忙しくない時期にやめるとなると基本的には承認されます。必ず忙しい時と忙しくない時がいつなのかを把握しておきましょう。これが主な一般的な転職をする時のタイミングです。これ以外のタイミングで転職をすることは極力避けましょう。なるべく、これらの時期に転職をしましょう。

 


このページの先頭へ戻る